30代、40代だからこそ、人脈をフル活用して再就職する方法

◆周りに身元保証人になってもらう

転職活動を正政法で攻略しようとしても、今は強力なライバル(若手)が多すぎます。

経験値の高い30、40代だからこそ、インフォーマル求人を掘り起こして、ブルーオーシャン(競争相手のいない領域)で戦うべきです。

インフォーマル求人とは、転職サイトや人材紹介会社等に一切掲載されない「非公開の求人」のことです。

そもそも、人材採用というのは実に曖昧で、求人広告掲載までに採用計画策定から予算申請、社内稟議と言ったことが必要だったりするのですが、超強大企業であっても「(いい人材がいれば)今すぐ欲しい」と言うのが本音です。

例えば、年収800万円の42歳の人材を採用を検討する場合、この人が営業利益を1億稼いでくれる保証があるのならば即採用するでしょう。

しかし、このような貢献をしてくれるかどうかわからないから、どの企業も採用に躊躇するのです。

だから30代、40代こそ、前職の会社仲間・上司や取引先にアタックするべきだと私は思います。

今まで一緒に働いていた人たちだからこそ、あなたの実力をよく知っているでしょうし、あなたとの良好な関係がきちんと保たれていれば、自分の人脈を駆使して取引先や同業他社、知り合いの会社などを積極的に探してくれるかもしれません。

前職勤務でその業界や職種にも明るいのですから、一般公募と違って、あなたの身元保証は確保されているわけです。

インフォーマルな求人は、あればラッキーですし、なくて元々です。

大してコストも手間もかかりません。

是非、周りに自分が転職できるフィールドがないかどうかを聞いてみましょう。

◆障壁は、あなたの「プライド」

このやり方は非常に効果的なのですが、1点だけ大きな障壁があります。

それは、この年代ならではのプライドです。

30、40代ともなれば、自分が積み上げてきたキャリアや業績に誇りがあって当然です。

だから、「何で頭を下げて、前職のやつらに頼まなければならないんだ。絶対嫌だ、そんな行為は」と思う人は多いことでしょう。

しかし、今の転職マーケットは、そんなに甘くはありません。

だいたい、自分が気にするほど、あなたのこだわりなど誰も気に留めていません。

この方法は、はまれば非常に確率が高いので、つまらないプライドはさっさと捨てて、平身低頭で周りに頼みまくって下さい。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

<PR>転職成功者の6割以上が30代以上というこの年代が登録必須な人材紹介会社
<PR>転職成功者の8割は登録しているという登録必須な転職サイト
<PR>雇われない生き方「独立開業」副業からスタート/0円開業/年収1000万円以上もあり

~最後まで記事を読んで頂きありがとうございました~

この記事を読んで「少しは役に立ったかな」と思って頂けましたら、
ブログランキングに応援クリックお願いします(*^_^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ
再就職を目指す40代たち

クリックしてくれたあなたのために、いい情報を配信できるように頑張ります!

タグ

2012年7月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:優良求人情報の探しかた

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ