新聞、ハローワーク、人材銀行、求人雑誌・折込チラシを利用する際の注意事項一覧

◆新聞、ハローワーク、人材銀行、求人雑誌・折込チラシ

下記に「新聞、ハローワーク、人材銀行、求人雑誌・折込チラシを利用する際の注意事項一覧」をまとめましたので、参考にしてください。

求人媒体 取り扱い注意事項
新聞 企業は費用対効果を熟考して求人を出すので、高額な1日限りの求人広告を積極的に進めるかというと、はなはだ疑問です。
よって、購読している新聞に求人情報が掲載されているかをチェックするくらいで十分。
ハローワーク 地方では代替となる求人媒体が少ないために、ハローワーク中心に求人を探すのは非常に有効です。
紹介時にはハローワーク職員が企業との間に入ってくれるので、良質なコミュニケーションを取って自分の味方になってもらうべき。
人材銀行 人材銀行の対象はこの年代にマッチするのだが、そもそも求人数が少なく、また都市部しか設置されてない。
よって機能不全は否めない。
自宅近くにあるのなら、一度は寄ってみるくらいの扱いで十分。
求人雑誌・
折込チラシ
いわゆるガテン系求人が多く、ホワイトカラー系のものが極端に少ないのが特徴。
求人雑誌は駅やコンビニで無料で入手できるので、タイミングを見てざっと眺めるくらいで十分。
ただし、ガテン系は別。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

<PR>転職成功者の6割以上が30代以上というこの年代が登録必須な人材紹介会社
<PR>転職成功者の8割は登録しているという登録必須な転職サイト
<PR>雇われない生き方「独立開業」副業からスタート/0円開業/年収1000万円以上もあり

~最後まで記事を読んで頂きありがとうございました~

この記事を読んで「少しは役に立ったかな」と思って頂けましたら、
ブログランキングに応援クリックお願いします(*^_^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ
再就職を目指す40代たち

クリックしてくれたあなたのために、いい情報を配信できるように頑張ります!

タグ

2012年3月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:優良求人情報の探しかた

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ