人材紹介会社と転職サイトを利用する際の注意事項一覧

◆人材紹介会社と転職サイト

下記に「人材紹介会社と転職サイトを利用する際の注意事項一覧」をまとめましたので、参考にしてください。

求人媒体 取り扱い注意事項
人材紹介会社 キャリアを積んだこの世代向けの媒体ではあるが、高く売れる人材しか扱わないため、登録すらままならないケースが多い。
また、どの会社も20代の若いキャリアアドバイザー(CA)を窓口にしていることが多く、そのCAの対応や若い人に対応させる企業姿勢が気に食わないということで、そこから離れる人も多い。
(例:君のような若造では、我々のような年代の苦悩は分からないだろう)
気持ちは分かるが、要は転職できればいいと割り切るべき。
ここはグッとこらえて、彼らを味方につけることに注力すること。
総合型と専門型があるので、複数登録したほうがいい。
転職サイト 複数の転職サイトへの登録を推進。理由は媒体ごとに運営会社が異なり、それぞれに掲載料金を課金されるため、掲載企業が転職サイトによってそれぞれ違うから。
大手企業が一斉に大量人材採用を行う際に、あらゆる転職サイトに求人を掲載するためか、どこも取り扱い求人は同じと思っている人が多いようだが、それは違う。
転職サイトごとに更新日は違うし、求人情報には応募受付締め切りがある。
人材紹介会社はマネージャー的役割をしてくれるが、こちらは自分でスケジュール管理などを行う必要がある。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

<PR>転職成功者の6割以上が30代以上というこの年代が登録必須な人材紹介会社
<PR>転職成功者の8割は登録しているという登録必須な転職サイト
<PR>雇われない生き方「独立開業」副業からスタート/0円開業/年収1000万円以上もあり

~最後まで記事を読んで頂きありがとうございました~

この記事を読んで「少しは役に立ったかな」と思って頂けましたら、
ブログランキングに応援クリックお願いします(*^_^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ
再就職を目指す40代たち

クリックしてくれたあなたのために、いい情報を配信できるように頑張ります!

タグ

2012年3月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:優良求人情報の探しかた

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ