30代・40代のための、各求人媒体の活用ポイントのまとめ

各求人媒体の活用ポイント

30代・40代のための、各求人媒体の活用ポイントを下記にまとめておりますので、参考にしてください。

求人媒体 解説 代表例など
①人材紹介会社 高く売れる人材しか扱わないのが特徴ゆえに、キャリアを積んだ専門職中心、中高年向け中心のものが多数存在。 JACリクルートメント、プロフェッショナルバンクなど
②転職サイト 一般的に若者向け求人の取り扱いが多いが、30代・40代が応募可能な求人情報も多数あり(日経キャリアNETなどの比較的年配向けのものもあり) リクナビNEXT、マイナビ転職、日経キャリアNETなど
③新聞 日経新聞日曜版には、30代・40代向けの求人が豊富 日経新聞、地方新聞
④ハローワーク 求人情報保有数No1ゆえ、年齢や所在地で多くの求人情報を検索できる点が長所だが、30代・40代が求める厚遇な求人情報は微妙 全国約600か所に点在
⑤人材銀行 40歳以上の管理職・専門職経験のある人が対象ゆえに、この年代にマッチするが、圧倒的に求人数が少なく拠点も少ない。さらに企業の認知度も低いため、あまりおすすめではない。 主要都市12か所のみ
⑥求人雑誌・
折込チラシ
社会保険未加入でも掲載できるものがあり、若年者対象の求人が多くを占める。30代・40代にとっては期待薄な媒体 タウンワーク、アイデムなど
<番外>
企業ホーム
ページ(HP)
志望企業が明確であれば、その企業のHPから直接応募するのがベスト 企業HP内の採用情報ページ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

<PR>転職成功者の6割以上が30代以上というこの年代が登録必須な人材紹介会社
<PR>転職成功者の8割は登録しているという登録必須な転職サイト
<PR>雇われない生き方「独立開業」副業からスタート/0円開業/年収1000万円以上もあり

~最後まで記事を読んで頂きありがとうございました~

この記事を読んで「少しは役に立ったかな」と思って頂けましたら、
ブログランキングに応援クリックお願いします(*^_^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ
再就職を目指す40代たち

クリックしてくれたあなたのために、いい情報を配信できるように頑張ります!

タグ

2012年3月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:優良求人情報の探しかた

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ