30代・40代にマッチした求人媒体とは?

◆この年代向けの求人情報はどこにあるのか

求人情報を探す場合、真っ先にどこをイメージするでしょうか?

一般的にはハローワーク、転職サイト、求人雑誌などを思い浮かべる人が多いかと思いますが、これらにはそれぞれに一長一短があり、それを知らないで転職活動を進めてもうまくいきません。

以前、厚生労働省の職員の天下りが社会問題化した際に、「なぜ官僚はハローワークを使わないのか?」と追及していた国会議員がいました。更生労働省管轄下ですので。

他の求人媒体と比べた場合、ハローワーク求人情報の保有件数がダントツに1番ですが、たとえばこの官僚の天下りのようなエグゼクティブ対象の高年収、高待遇のものは、まずハローワークには出ません。

雇用市場は今や「超買い手市場」ですから、まずはそれぞれの位置づけや特徴を理解して、自分ならどの求人媒体を主にすればよいのかを認識しながら、複数の求人媒体を並行して活用するのが、短期で転職を成功させるコツです。

実際、「応募できる企業が見つからない」というこの年代の相談者の多くは、自分に合った求人媒体をわかっていないことが多く、自己判断で絞り込んだ求人媒体のみに頼って転職活動しています。

では、この年代向けの求人情報はどこで得るのが最善なのか?

ぜひ、次の順番で応募の可能性を探ってみてください。

  1. 人材紹介会社
  2. 転職サイト
  3. 新聞
  4. ハローワーク
  5. 人材銀行
  6. 求人雑誌・折込チラシ

一般的に、この順番の若い番号ほど、労働条件がよくて、かつこの年代向けの求人情報を多く保有していると考えて下さい。

なお、上位の人材紹介会社、転職サイトは乱立気味であり、それぞれに得意・不得意がありますので、転職希望者は複数に登録するのが今や当たり前となっています。

この年代になるとここに経験やキャリアが大きく違いますので、時間と労力が許す限り多数に登録し、自分に合うところを探してください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

<PR>転職成功者の6割以上が30代以上というこの年代が登録必須な人材紹介会社
<PR>転職成功者の8割は登録しているという登録必須な転職サイト
<PR>雇われない生き方「独立開業」副業からスタート/0円開業/年収1000万円以上もあり

~最後まで記事を読んで頂きありがとうございました~

この記事を読んで「少しは役に立ったかな」と思って頂けましたら、
ブログランキングに応援クリックお願いします(*^_^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ
再就職を目指す40代たち

クリックしてくれたあなたのために、いい情報を配信できるように頑張ります!

タグ

2012年3月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:優良求人情報の探しかた

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ