ルート営業職でアピールすべきポイント(30代・40代の再就職)

顧客と安定した信頼関係を築けることをアピール

下記に「ルート営業職でアピールすべきポイント」をまとめましたので、参考にしてください。

項目 ポイントは?
信頼関係構築力 顧客との密着度が非常に高い職種ゆえ、今までの豊富なビジネス経験を元に、自分なりの顧客との安定した信頼関係を構築する術を具体的にアピールする。
商慣習への環境適応力 扱う商材によって商習慣や物流経路が全く異なるため、未経験商材であればフレキシブルで即効性のある環境適応力をアピールする。
転職回数が多いようであれば、職場が変わるたびに新しい環境でどのようにフットしてきたかをアピールする。
知識吸収力 次々とリリースされる新商品に関する知識を迅速に吸収し、顧客に提案していくことが必要不可欠。
旧商品やライバル商品との比較、優位性や強み、価格などを的確に掴むことができることアピール。
この年代は新しいものを覚えようとする吸収力が若年層よりも劣るために、採用人事に懸念されないようにする。
顧客ニーズ、ウォンツ収集力 普段接している顧客の言動の中に、いろいろなビジネスヒントが隠れている。
顧客に言いなりの単なる「御用聞き」では、この年代でなくてもよいことを肝に命じるべき。
フットワークの軽さ この職種で腰が重いのは致命傷で、これはこの年代ゆえに採用人事が懸念する点でもある。
今までのビジネス経験の中で、迅速に対応した事例等があればアピールする。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

<PR>転職成功者の6割以上が30代以上というこの年代が登録必須な人材紹介会社
<PR>転職成功者の8割は登録しているという登録必須な転職サイト
<PR>雇われない生き方「独立開業」副業からスタート/0円開業/年収1000万円以上もあり

~最後まで記事を読んで頂きありがとうございました~

この記事を読んで「少しは役に立ったかな」と思って頂けましたら、
ブログランキングに応援クリックお願いします(*^_^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ
再就職を目指す40代たち

クリックしてくれたあなたのために、いい情報を配信できるように頑張ります!

タグ

2012年10月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:戦略的な職務経歴書

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ