電話対応がダメなら面接以前に落とされる

電話での面接アポイント

ネットから簡単に企業に応募できるようになった現在でも、電話対応はかなり重視されます。

はじめの応募連絡の際や、書類選考をクリアした後の電話連絡など、ここで採用担当者との初めてのコンタクトになります。多くの企業がこの電話での対応を採用基準のひとつにしていることを忘れないようにしたいところです。

キャリアのある採用担当者なら、電話で少し話すだけで、意欲がある人かどうか分かると言います。

「声に力があるか?」「敬語の基本を使い慣れているか?」

この二つは最低限注意したいところです。

電話で見えないからといって、だらけた姿勢で電話をするのはもってのほか。背筋を伸ばして、心持ち大きめの声で丁寧に発音することを心がけましょう。

電話をかける際の環境に注意

こちらから電話をかける場合は、自宅の電話がベストです。携帯電話の場合は、電波の状況を確認し、どちらの場合も周囲が静かなことが前提です。

それから、電話をかける時間帯にも注意しなくてはいけません。例えば、飲食業界にランチの時間に電話をするようでは、「仕事の流れを全く理解していない人」と判断されるでしょう。

始業開始して1時間以内、昼休み前後、就業前などは忙しい時間帯なので、避けたほうが無難です。

応募企業から電話を待つ場合にも、注意が必要です。自宅の電話の場合は家族の誰がとるか分からないのであれば、家族に「応募先から大事な電話がある」と伝えておくといいでしょう。

事前に準備しておくもの

電話応対というビジネスの基本が試される場です。失敗しないためにも、電話する前に最低限手元にこれだけは用意しておきましょう。

  • 応募先の基本情報
  • 応募企業の求人情報をすぐ見れるようにしておきたいところです。会社名、所在地、電話番号、応募条件などはチェックできるようにしておきましょう。電話を受ける場合にも必要なので、自宅なら固定電話のすぐ近くにおいておくといいと思います。

  • 応募書類の控え
  • 応募の場合でも書類選考後に電話を受ける場合でも、履歴書、職務経歴書のコピーは用意しておくべきです。経歴などについて採用担当者に質問をされた場合に、これがあれば戸惑わなくてすみます。

  • スケジュール帳と筆記用具
  • カレンダーでもOK。面接日時の約束をするのに、自分のスケジュールが分からなくては話になりません。自分に都合の悪い日時を指定されることもあるので、都合の悪い日がすぐに分かるようにしておきましょう。

姿の見えない電話だからといって気を抜かないようにしましょう。面接前から勝負は始まっています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

<PR>転職成功者の6割以上が30代以上というこの年代が登録必須な人材紹介会社
<PR>転職成功者の8割は登録しているという登録必須な転職サイト
<PR>雇われない生き方「独立開業」副業からスタート/0円開業/年収1000万円以上もあり

~最後まで記事を読んで頂きありがとうございました~

この記事を読んで「少しは役に立ったかな」と思って頂けましたら、
ブログランキングに応援クリックお願いします(*^_^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ
再就職を目指す40代たち

クリックしてくれたあなたのために、いい情報を配信できるように頑張ります!

タグ

2013年7月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:戦略的な面接対策

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ