転職面接で落ちる30代・40代はこんなことを話している

御社の事業内容に興味があり・・・

志望動機を聞かれて、「御社の事業内容に興味があり・・・」や「御社の将来性に期待して・・・」などといった回答をしていないでしょうか?

このようなどこででも使えるような、マニュアル回答をしている人は大勢います。いくら自分で考えた回答だと思っていても、企業の人事担当者は同じ回答を何度も聞いています。

あなたにとってはオリジナルな回答でも、人事担当者からしたらマニュアル回答です。これではライバル相手に勝てるとは思えません。

その会社に応募しているのですから、興味や関心があるのは当たり前です。

事業内容に興味があるのであれば、「どのような理由でどこに興味があるか」を自分なりの言葉で言わないと、ライバルに差をつけることはできません。

「この人は転職できればどこでもいいんだろうな」と思われて終わりです。

その会社のサービスを利用したことがある、製品を買ったことがある、などがあれば、その時の体験談やこういった点を改善したほうがいいなど、自分なりの表現でアピールしようと思えばいくらでもできるはずです。

ライバル会社と比べてどうなのかという点を自分なりに調べた結果を伝えるのもひとつの手だと思います。

基本的にみんなマニュアル回答をしています。その中で独自の視点からアピールできれば、確実にあなたが一歩前にいることでしょう。

御社でいろいろ学ばせて頂き・・・

「御社でいろいろ学ばせて頂き・・・」、「御社で資格取得を目指し・・・」これもよくある回答です。

資格取得をサポートしているような企業であれば、このような回答をする人が多いようです。

人事担当者からすれば、「うちの会社は学校ではありません」と言いたくなるでしょう。あなたにとっては自己アピールしたつもりかもしれませんが、全くの逆効果です。

「今の自分は役に立つスキルや経験がありません」ととられてしまっては最悪です。

たとえ「未経験可」と書いていても、企業側が30代・40代を採用する場合は、即戦力が欲しいというのが本音なのです。

それなのに「入ってから勉強します」という姿勢では、人事担当者も首をかしげるでしょう。仮に現在の自分の能力では難しいと感じていたとしても、自分なりに貢献できる点をアピールすべきだと思います。

未経験の場合は、未経験でも問題なく働けて活躍できる人材であると思ってもらわなければいけません。

今までの決して短くはない勤務経験から、経験やスキルの共通点を見つけて、アピールしていけるといいと思います。パソコンスキルやコミュニケーション力など、アピールしようと思えばいくらでもあると思います。

他にもマネジメント力などがアピールできれば、20代と差をつけられると思います。

ライバル達と差をつけるには、人材紹介会社を活用したほうが間違いなく有利になります。特に30代・40代は面接対策をしていないので、面接対策をしてくれる人材紹介会社を選ぶことをおすすめします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

<PR>転職成功者の6割以上が30代以上というこの年代が登録必須な人材紹介会社
<PR>転職成功者の8割は登録しているという登録必須な転職サイト
<PR>雇われない生き方「独立開業」副業からスタート/0円開業/年収1000万円以上もあり

~最後まで記事を読んで頂きありがとうございました~

この記事を読んで「少しは役に立ったかな」と思って頂けましたら、
ブログランキングに応援クリックお願いします(*^_^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ
再就職を目指す40代たち

クリックしてくれたあなたのために、いい情報を配信できるように頑張ります!

タグ

2013年6月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:戦略的な面接対策

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ