30代・40代が転職する際の実務未経験の壁をどう乗り切るか?

<未経験者歓迎>の本当の意味

転職を考えていて求人広告を見ていると、<未経験者歓迎>という言葉を見かけます。これは本当に未経験者を歓迎しているのでしょうか?

誤解してほしくないのですが、実は企業側としては未経験者が本当に欲しいわけではありません。30代・40代であれば一番欲しいのは即戦力です。当然ながら実務経験者が欲しいわけです。

求人広告に<未経験者歓迎>という記載があったとしても、あくまでも「未経験者でも応募していいですよ」というレベルだと思っていたほうがいいと思います。

もし応募先企業に採用人数を大幅に上回る応募があれば、当然ながら未経験者は大きなハンデを抱えていると考えたほうがいいでしょう。そのハンデを挽回するための対策をする必要があります。

ここでほとんどの人が陥ってしまう間違いがあります。それは精神論で訴えるということです。

言葉で「一生懸命頑張ります!」といったとしても、採用人事側が知りたいのは「その人が本当に使える人材かどうか」です。採用人事側は意欲があることは当たり前と思っています。

たとえ未経験者でも「自分はこれだけ使えますよ」というアピールや裏づけが必要になります。

未経験者は何をアピールすべきか

未経験者はまず何を採用人事に伝える必要があるのでしょうか。当然ながら意欲は伝える必要がありますが、それに明確な志望動機もからめていくことをおすすめします。

その未経験の仕事に就くためにどんな努力をしてきたかをアピールしたいところです。「資格取得」「独学で勉強」など実際にどんな行動を起こしたかという点が大事です。

気持ちだけではなく「実際にこんな努力をしてきました」とアピールしなければいけません。実際にやったことを自信を持って伝えることで、説得力が増します。

それに絶対にアピールしておきたいところが「スキル」です。その業務に関する基礎知識や応用できる業務知識などをアピールできるといいと思います。

未経験の業界だとしても応用できる「スキル」でいえば、パソコン・接客・営業なども立派なスキルです。他にもプロジェクトの部門間調整や進行管理や新人研修担当だったなどでも立派な「スキル」です。

そういった観点で自分が今までやってきた仕事を洗い出せば、いろいろな「スキル」が見つかるはずです。

採用人事が未経験者を面接する時は、「業務未経験でもこのスキルはうちの会社でも応用できるし、使える人材になるはずだ」というところを見出したいと思っています。

未経験者は経験者と比べてハンデを抱えていますので、自信を持って「私のこのスキルは使えますよ」とアピールしましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

<PR>転職成功者の6割以上が30代以上というこの年代が登録必須な人材紹介会社
<PR>転職成功者の8割は登録しているという登録必須な転職サイト
<PR>雇われない生き方「独立開業」副業からスタート/0円開業/年収1000万円以上もあり

~最後まで記事を読んで頂きありがとうございました~

この記事を読んで「少しは役に立ったかな」と思って頂けましたら、
ブログランキングに応援クリックお願いします(*^_^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ
再就職を目指す40代たち

クリックしてくれたあなたのために、いい情報を配信できるように頑張ります!

タグ

2013年6月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:戦略的な面接対策

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ