30代・40代が転職面接で聞かれたくない質問をされたときは

聞かれたくない質問にどう対処するか

30代・40代にもなると、当然キャリア上のミスが何かしらあると思います。しかし、面接相手の人事担当者はあえてそこを突いてきます。

下記のようなことは特に面接では聞かれたくないと思います。

  • 転職回数が多い
  • リストラされた
  • ブランクが長い
  • 業務未経験

しかし、こういったキャリア上のウィークポイントに関しては、人事担当者は必ず気になる項目であるといえます。こういった質問を上手く切り返せるかが、内定する人といつまでも決まらない人との差です。

YES~BUT法

イエス・バット法と呼ばれていますが、営業マンなら聞いたことがあるはずです。上手く利用している人も多くいると思います。

営業の現場では、相手に意見された時に、まず「はい、おっしゃる通りです」から入って、「しかし、こういった考えもあると思います」というように返します。

まずイエスで相手の話を受け止め、次にバットで自分の意見を主張する、話し方になります。

転職面接の現場ではこうなります。

人事担当者「失業期間が長いようですが、その間何をされていましたか?」

あなた「確かに、転職活動を続けておりますが、なかなかご縁がなく、失業期間が長くなってしまいました。」(イエス)

あなた「しかし、この期間も自分の知識やスキルを磨くことは忘れることなく、通信講座の受講やセミナーに参加してきました」(バット)

このように、聞かれたくない質問をされた時でも沈黙することなく、自信を持って答えてください。

悪いパターンとしては、「答えられずに沈黙する」や「的外れな答えを長々と話す」などです。特に30代・40代はムダに話が長くなりがちなので注意が必要です。

逆に、こういった答えにくい質問に対して的確に答えることができれば、高評価につながります。

ちなみにブランクが長い場合は、志望に向けた勉強の実績をつくっておくといいと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

<PR>転職成功者の6割以上が30代以上というこの年代が登録必須な人材紹介会社
<PR>転職成功者の8割は登録しているという登録必須な転職サイト
<PR>雇われない生き方「独立開業」副業からスタート/0円開業/年収1000万円以上もあり

~最後まで記事を読んで頂きありがとうございました~

この記事を読んで「少しは役に立ったかな」と思って頂けましたら、
ブログランキングに応援クリックお願いします(*^_^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ
再就職を目指す40代たち

クリックしてくれたあなたのために、いい情報を配信できるように頑張ります!

タグ

2013年5月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:戦略的な面接対策

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ