30代、40代のための職務経歴書 知っておくべき4つのスタイルとは?

◆職務経歴書

下記に「30代、40代のための職務経歴書 4つのスタイル」をまとめましたので、参考にしてください。

スタイル 解説 どんな人が向いているのか?
編年形式 最もスタンダードな表現方法であり、新卒入社から今までを時系列に表現する「年代順形式」と、直近から過去にさかのぼって表現する「逆年代順形式」の2つがある/td>

転職回数が少ない、職種が一貫しているなど職歴がシンプルである人で、30代なら年代順形式で表現することを推奨
キャリア形式 従事した職種別に職務経験を表現するスタイルで、何ができるかがわかりやすい 年齢にかかわらず、転職回数が多い、複数の職種を経験している等、職歴が複雑な人におすすめ
ハイブリッド形式 編集形式とキャリア形式をミックスしたスタイル 年齢にかかわらず、応募職種の経験が少ない、異業種への応募をする人におすすめ
フリースタイル形式 形式にこだわらず、大量の職歴情報を思い切ってシンプルに1枚にまとめてしまうスタイル 40代後半や転職回数が多い、複数の職種を経験しているなど、そのまま書くとボリュームが多くなりすぎる人におすすめ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

<PR>転職成功者の6割以上が30代以上というこの年代が登録必須な人材紹介会社
<PR>転職成功者の8割は登録しているという登録必須な転職サイト
<PR>雇われない生き方「独立開業」副業からスタート/0円開業/年収1000万円以上もあり

~最後まで記事を読んで頂きありがとうございました~

この記事を読んで「少しは役に立ったかな」と思って頂けましたら、
ブログランキングに応援クリックお願いします(*^_^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ
再就職を目指す40代たち

クリックしてくれたあなたのために、いい情報を配信できるように頑張ります!

タグ

2012年6月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:転職活動の常識・非常識

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ