「人は見た目が9割?」履歴書の顔写真の重要度とは

◆「人は見た目が9割」、顔写真は最重要項目の一つ

  • 40歳を超えたら自分の顔に責任を持つ、顔は履歴書(リンカーン大統領)
  • 「顔写真」と「学歴」を、まずはチェックする(某上場企業の採用人事)
  • 履歴書の顔写真は自分の「分身」、採否に影響が出ることも
  • 整形しない限り顔は変えられないが、顔写真のクオリティを向上させることはできる

矢印

◎ 就職・転職専門の写真館で撮影する(撮影前に応募する企業の情報をきちんと伝えること)
△ 街の写真屋さんで撮影する
× スーパー等に設置されているスピード写真機で撮影する

矢印

最後の最後、貼り付け時も最新の注意を払うこと!

<30代、40代の履歴書で見た顔写真の貼り付け方の実例>

  • 貼り付け欄と写真の大きさが違う
  • 写真表面にゴミが付着している
  • 貼り付け欄からずれている、傾いて貼り付けてある

これでは、せっかく高いお金をかけて撮った写真が台無し

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

<PR>転職成功者の6割以上が30代以上というこの年代が登録必須な人材紹介会社
<PR>転職成功者の8割は登録しているという登録必須な転職サイト
<PR>雇われない生き方「独立開業」副業からスタート/0円開業/年収1000万円以上もあり

~最後まで記事を読んで頂きありがとうございました~

この記事を読んで「少しは役に立ったかな」と思って頂けましたら、
ブログランキングに応援クリックお願いします(*^_^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ
再就職を目指す40代たち

クリックしてくれたあなたのために、いい情報を配信できるように頑張ります!

タグ

2012年6月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:転職活動の常識・非常識

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ