30代・40代だからこそ、履歴書はきちんと作成すべき

◆履歴書を書くのは10年以上ぶり?

履歴書をきちんと書くことができる、これは30代・40代であれば当たり前だと思われていますが、実は「履歴書を書くのは、新卒時の就活以来だから10年以上ぶり」という人が多いのです。

つまり、転職用の履歴書を書くのは初めて、というケースも珍しくないわけです。

そのため、履歴書のフォーマットを転職者用ではなく新卒者用のものを選択するといった、採用人事の常識からするとあり得ない初歩的なミスを犯す人が後を後を絶ちません。

◆この年代にとって最適な履歴書とは?

履歴書についてこの年代からよくある質問の筆頭に「パソコンで作成と手書きのどちらがいいですか?」というものがありますが、結論から言いますと、今はどちらでもOKです。

とはいっても手書きで丁寧に書くほうが印象はいい場合もあります。

しかし、字が汚く人が読めないレベルであれば、パソコンで作成したほうがいいでしょう。他にもパソコンで作成したほうがいい理由がありますので後述します。

また、サイズや枚数についてですが、B4サイズ1枚、A3サイズ1枚、B5サイズ2枚、A4サイズ2枚、どれでもOKです。ただし、この4つ以外は避けたほうがいいでしょう。

履歴書作成の上で最大の問題は、フォーマットの選定です。

実際、この年代は個々の経歴がない人と転職回数が10回の人では、当然ですが、書くべきボリュームが違ってきます。

フォーマット選択を誤ると、空白が目立ちスカスカになったり、逆にぎっしり詰まりすぎて行が不足するなどの不具合が生じます。

市販のものでは使いづらい場合は、自らインターネットでダウンロードしたものをカスタマイズして、自分なりのフォーマットを完成させるようにしてください。

履歴書の成否は、かなりの割合でフォーマットの選定で決まります。

今まで常識のように言われてきた、市販のB4サイズ1枚の履歴書に手書きで作成、という固定観念は捨てて、自分に合ったものを選択する、なければ自ら作成するということを最優先に考えてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

<PR>転職成功者の6割以上が30代以上というこの年代が登録必須な人材紹介会社
<PR>転職成功者の8割は登録しているという登録必須な転職サイト
<PR>雇われない生き方「独立開業」副業からスタート/0円開業/年収1000万円以上もあり

~最後まで記事を読んで頂きありがとうございました~

この記事を読んで「少しは役に立ったかな」と思って頂けましたら、
ブログランキングに応援クリックお願いします(*^_^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ
再就職を目指す40代たち

クリックしてくれたあなたのために、いい情報を配信できるように頑張ります!

タグ

2012年5月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:転職活動の常識・非常識

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ