30代・40代の転職者が問われる、4つの最重要項目一覧

◆問われるのはたった4つのこと

下記に「30代・40代の転職者が問われる、4つの最重要項目一覧」をまとめましたので、参考にしてください。

質問 攻略法ポイント
自己PR ・即戦力として自分が入社したら何ができるか、応募職種で発揮できる力を中心に伝えること
・この年代ゆえに、パーソナリティよりはスキルに重点を置くこと(例)「明朗活発」よりは「顧客との信頼関係を築ける」など)
志望動機
転職理由
・その業界の志望理由→その企業の志望理由→その職種の志望理由、を段階を分けて整理すること
・「好きだから」「興味があるから」といった単なる感情表現は避けること
退職理由 ・前向きな理由を伝えること
・前職の悪口や批判は絶対にNG
職務経歴 ・事実をただ淡々と伝えるのではなく、応募職種に役立つであろう経歴に焦点を当て、メリハリをつけて伝えること

企業がこの年代を採用したいのは、「即戦力」が欲しいからに他なりません。

即戦力として活躍できる力量を見極める問いに対しておざなりだったならば、傍系の質問で盛り上がったとしても、挽回は難しいと認識して下さい。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

<PR>転職成功者の6割以上が30代以上というこの年代が登録必須な人材紹介会社
<PR>転職成功者の8割は登録しているという登録必須な転職サイト
<PR>雇われない生き方「独立開業」副業からスタート/0円開業/年収1000万円以上もあり

~最後まで記事を読んで頂きありがとうございました~

この記事を読んで「少しは役に立ったかな」と思って頂けましたら、
ブログランキングに応援クリックお願いします(*^_^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ
再就職を目指す40代たち

クリックしてくれたあなたのために、いい情報を配信できるように頑張ります!

タグ

2012年3月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:転職活動の常識・非常識

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ