「なぜ転職したいか」自分の気持ちを客観的に整理する必要がある

自分の気持ちを客観的に整理する

下記に「自己都合による転職決断チェックシート」を用意していますので、自分に当てはまるかチェックしてください。

  • 嫌な上司や仲間は転職先にもいることを覚悟しています
  • 転職先にて年下や異性の上司、先輩から厳格な業務指示・命令を受けることを覚悟しています
  • 自分にとって嫌な仕事であっても、転職先でもやれされることを覚悟しています
  • 100%自分の理想にかなう会社はないことを覚悟しています
  • 転職先では職場環境がすべて変わり、一から人間関係を構築しなければならないことを覚悟しています
  • 転職先では給与を含めた労働条件が下がる可能性があることを覚悟しています
  • 転職によって有給休暇、賞与、退職金は一旦リセットになることを覚悟しています
  • 転職先でも理不尽な人事評価や人事異動があることを覚悟しています
  • 転職先を短期で辞めた場合、その次は条件を下げてもなかなか決まらないことを覚悟しています
  • 退職して転職活動の場合、失業期間が長くなることを覚悟しています

上記のチェックが多く当てはまる人は、転職に関して覚悟ができているといえます。

逆に当てはまらない人は、転職に関して覚悟が足りないので、今は転職を見送ったほうがいいかもしれません。

「もう会社を辞めてしまった」という人は、現実を受け止めて前に進んでください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

<PR>転職成功者の6割以上が30代以上というこの年代が登録必須な人材紹介会社
<PR>転職成功者の8割は登録しているという登録必須な転職サイト
<PR>雇われない生き方「独立開業」副業からスタート/0円開業/年収1000万円以上もあり

~最後まで記事を読んで頂きありがとうございました~

この記事を読んで「少しは役に立ったかな」と思って頂けましたら、
ブログランキングに応援クリックお願いします(*^_^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ
再就職を目指す40代たち

クリックしてくれたあなたのために、いい情報を配信できるように頑張ります!

タグ

2012年3月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:転職活動の常識・非常識

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ