30代・40代の転職、採用人事は各応募書類のここを見ている!

◆履歴書、職務経歴書などの応募書類 その特性と目的

下記に「30代・40代の転職、採用人事は各応募書類のここを見ている」をまとめましたので、参考にしてください。

応募書類 採用人事の着目点 備考
履歴書 応募者のパーソナルデータを確認しつつ、きちんと書けているかをチェック。
この年代はきちんと書けていて当たり前なので、些細なミスまでもチェックされるため命取りになる。
提出必須書類
職務経歴書 応募者の職歴・スキル・能力を確認しつつ、本書類に「知りたい情報が適正に入っているか」「わかりやすいか」の2点もチェック。
この年代は、キャリアに相応しい書類作成能力が備わっているかどうかも重要なポイント。
最重要提出必須書類
自己PR書 応募者の強みやセールスポイントをチェック。
この年代で仕事のやる気や体力、入社意欲をPRしすぎるのは稚拙。
応募職種に就いた場合に応募者のPRポイントがちゃんと発揮できるか、を見る。
これらをきちんと作成すれば、競争率を半減できる。
志望動機書 応募先企業に対する想い、入社してやれること・やりたいことをチェック。
この年代で、単に好きや興味を強調するのは稚拙。
当社のどの領域で具体的に何がやりたいか、何をできるか、を見る。
課題レポート 課題により、応募者の熱意や課題解決能力、論理的思考などをチェック。
キャリアシート 応募者のパーソナルデータ(履歴書の代用として利用)をチェック。 人材紹介会社独自の形式あり。
添え状
(カバーレター)
ビジネスマナーがちゃんと備わっているかをチェック。 ビジネス文書として必須。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

<PR>転職成功者の6割以上が30代以上というこの年代が登録必須な人材紹介会社
<PR>転職成功者の8割は登録しているという登録必須な転職サイト
<PR>雇われない生き方「独立開業」副業からスタート/0円開業/年収1000万円以上もあり

~最後まで記事を読んで頂きありがとうございました~

この記事を読んで「少しは役に立ったかな」と思って頂けましたら、
ブログランキングに応援クリックお願いします(*^_^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ
再就職を目指す40代たち

クリックしてくれたあなたのために、いい情報を配信できるように頑張ります!

タグ

2012年3月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:戦略的な履歴書・応募書類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ