30代、40代なら志望動機書も転職活動では非常に効果的

◆企業だって自分に好意を持ってもらいたい

自分に好意を持ってもらって、嫌な気持ちになる人はいないでしょう。

企業も同じです。

自分をもっと認めてもらいたい、自分にもっと行為を持ってもらいたいのです。

特に、中小企業やオーナー企業は、会社を作り上げてきたという強い自負がありますから、余計にこの思いが強いといえます。

そういった意味では、志望動機も前述の自己PR書と同様、非常に効果的な文書だといえます。

しかし、この年代が「貴社が好きだ」、「貴社で働きたい」のオンパレード、一本調子の志望動機書を提出したのでは、受かるのも受かりません。

30代、40代という年代だからこそ、書くべきことがあります。

◆この年代が志望動機に書くべきこと

この年代が志望動機書に書くべき事とは2つ、「ビジネスプラン(事業計画書)」と「コミットメント(責任を伴う約束)」です。

自分が入社出来たらそこで何をやるのか、どうやってやるのか、いつまでにやるのか、等を明示します。

当然、絵空事ではダメなので、具体性・客観性・実現可能性を盛り込んで書いてください。

この年代の応募書類の中にも「周りからいろいろと教えていただいた上で・・・」云々の表現をよく見かけますが、教えてもらってやるのでは遅いし、それだったらわざわざこの年代を採用する必要はありません、若年層でいいのです。

この年代は「即戦力」が求められています。

自分自身が会社のイノベーター(革新者)となって、新しい風を吹き込むくらいの意気込みが必要です。

事前の企業研究だけでは、わからないことがたくさんあるでしょう。

しかし、抽象的な表現に終始したら、志望動機書を作成する意義がありません。

情報収集力と情報分析力を駆使して、自分ならこうするという明確なビジョンを語るようにして下さい。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

<PR>転職成功者の6割以上が30代以上というこの年代が登録必須な人材紹介会社
<PR>転職成功者の8割は登録しているという登録必須な転職サイト
<PR>雇われない生き方「独立開業」副業からスタート/0円開業/年収1000万円以上もあり

~最後まで記事を読んで頂きありがとうございました~

この記事を読んで「少しは役に立ったかな」と思って頂けましたら、
ブログランキングに応援クリックお願いします(*^_^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ
再就職を目指す40代たち

クリックしてくれたあなたのために、いい情報を配信できるように頑張ります!

タグ

2012年7月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:戦略的な履歴書・応募書類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ