30代・40代の転職活動の、企業指定エントリーシート・キャリアシートの作成ポイント一覧

◆自分だけの事例を盛り込むこと

下記に「各書類の作成のポイント」をまとめましたので、参考にしてください。

履歴書・職務経歴書以外の書類 作成のポイント
企業独自のキャリアシート
(自分の経歴や個人情報を項目に沿って書くもの)
基本的には自身が準備した履歴書・職務経歴書から必要な情報を転記すればよい。
なお給与欄の記載は細心の注意が必要。現在の年収(月収)も現実的な数字を。
現実とかい離しすぎていると、非常に厳しい目が向けられることを覚悟しておくように。
企業独自のエントリーシート
(上記に加えて、志望動機や自己PR等の作成を求めるもの)
基本的には、自身が準備した履歴書・職務経歴書から必要な情報を転記すればよい。
ただし、一部下記の課題が含まれている場合、下記の課題対策が必要。
課題論文
(特定のテーマについて、自分の意見や考えを作成させるもの)
ネットでテーマに関する情報を収集するのは当たり前。
この年代ならば、ネット以外の人脈などを使って、いかに生きた情報をたくさん収集できたか、それをどう分析しどう考えたか、が必要不可欠になる。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

<PR>転職成功者の6割以上が30代以上というこの年代が登録必須な人材紹介会社
<PR>転職成功者の8割は登録しているという登録必須な転職サイト
<PR>雇われない生き方「独立開業」副業からスタート/0円開業/年収1000万円以上もあり

~最後まで記事を読んで頂きありがとうございました~

この記事を読んで「少しは役に立ったかな」と思って頂けましたら、
ブログランキングに応援クリックお願いします(*^_^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ
再就職を目指す40代たち

クリックしてくれたあなたのために、いい情報を配信できるように頑張ります!

タグ

2012年4月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:戦略的な履歴書・応募書類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ