30代・40代の転職活動で、企業指定のエントリーシート、キャリアシートはこう書く

◆敵前逃亡するライバルが多い=チャンス

中途採用でも一般的な履歴書・職務経歴書のセットだけではなく、企業独自のエントリーシートやキャリアシートの提出を義務付けるところが、最近では増えてきています。

通常の履歴書・職務経歴書のセットだけだと、冷やかし気味の人も多数応募してきますから、これからをふるい落とすだけでも大変な作業。

だから、応募者側から辞退させるこの課題を課しているのです。

そして30、40代の人には書く前から「こういったのは書いたことがないから書けない」と、敵前逃亡するケースが多いようです。しかし、逆に言えばライバルが少ないわけですから、これはチャンスです。

フォーマットがきっちり決まった文書作成が苦手な人は、時間と他人の頭をフル活用しましょう。

持ち前の人脈を使い、こういったことに長けた人から書くヒントやアドバイスをもらったり、自分の書いたドラフトをチェックしてもらうことで、とにかく仕上げてください。

◆この年代だからこそ書けることがある

応募業務に関してどんなに実力や経験があっても、字数不足などのレギュレーション違反や、的確に自分の考えを伝える文書力・表現力がなければ、弾かれる可能性が高いと思ってください。

繰り返しになりますが、提出期限にはある程度の時間の余裕があるわけですから、手間・暇を惜しまずに、他人の知恵も借りながらやるしかありません。

また、この年代ならではの情報収集力や情報分析力も、当然のことながら評価の対象となります。

例えば、「応募業界の将来の見通し」についての課題が出された場合、ネットで検索すれば簡単に関連情報は入手できるでしょう。ここまでなら、誰でもできます。

しかしこの年代なら、人脈や前職(現職)の経験を駆使して生きた情報を入手し、自分だけの事例を盛り込むことができるはず。

この年代にありがちな「今さら何でこんなの書かなきゃいけないんだ」という驕りは捨て、労力・時間・人脈フルを動員してください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

<PR>転職成功者の6割以上が30代以上というこの年代が登録必須な人材紹介会社
<PR>転職成功者の8割は登録しているという登録必須な転職サイト
<PR>雇われない生き方「独立開業」副業からスタート/0円開業/年収1000万円以上もあり

~最後まで記事を読んで頂きありがとうございました~

この記事を読んで「少しは役に立ったかな」と思って頂けましたら、
ブログランキングに応援クリックお願いします(*^_^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ
再就職を目指す40代たち

クリックしてくれたあなたのために、いい情報を配信できるように頑張ります!

タグ

2012年4月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:戦略的な履歴書・応募書類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ