30代・40代の転職活動でのハンデ事例とフォロー案

◆マイナス印象を放置しておくことは厳禁

下記に「30代・40代の転職活動でのハンデ事例とフォロー案」をまとめましたので、参考にしてください。

事例 フォロー案は?
応募年齢よりも年齢が高い 年齢が高いのは事実で、変えようがない。
それよりも、豊富な経験に基づく見識・スキルや歳を感じさせないフットワークの良さ、柔軟性、適応能力などをアピール
経験がない・経験が浅い ポテンシャル能力ややる気・情熱をアピールするのも大事だが、異業種・異職種であっても今まで培ってきた職歴がどのように活かせるのか、をアピール
短期で退職を繰り返している 転職回数の多さや短期で辞めている事実は変えようがない、言い訳めいたことを綴るとかえってマイナス。
過去の自分を真摯に反省し、未来に対してコミットメントする方が、潔くて好感が持てる
勤務地が自宅から遠方である 以前に遠距離通勤の経験があれば、それをアピール。
また、必要であれば転居する用意があることをアピール
病気がちである 一生付き合っていかなければならない持病を抱えている場合でなければ、普段から手洗い・うがいの励行や食事制限、定期的な運動など健康管理を徹底していることをアピール   
学歴に自身がない この年代になれば、学歴云々よりも実績勝負。
応募条件で学歴の壁を明記していなければ、気にせずに堂々と自分の経験・スキルを伝えればよい
<まとめ>
ハンデは先回りしてフォローしておけば、なんとかなる

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

<PR>転職成功者の6割以上が30代以上というこの年代が登録必須な人材紹介会社
<PR>転職成功者の8割は登録しているという登録必須な転職サイト
<PR>雇われない生き方「独立開業」副業からスタート/0円開業/年収1000万円以上もあり

~最後まで記事を読んで頂きありがとうございました~

この記事を読んで「少しは役に立ったかな」と思って頂けましたら、
ブログランキングに応援クリックお願いします(*^_^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ
再就職を目指す40代たち

クリックしてくれたあなたのために、いい情報を配信できるように頑張ります!

タグ

2012年4月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:戦略的な履歴書・応募書類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ